いいだのいい家〜かんたん変身住宅(SI)〜

かんたん変身住宅 スケルトンインフィル(SI)とは?

スケルトンとは、耐久性を高めた建物の構造体のこと。インフィルは、間取りや設備など内装を指します。

この両者を明確に分離すれば、ライフステージや生活スタイルの変化にインフィルの改造で対応できるため、スケルトン自体は長期的に有効活用することが可能になります。

インフィル

住戸内の内装・設備等

家族構成など将来的な変化に柔軟に対応できるように、間取り変更や設備更新が容易に行なえるような造りとなっています。

※玄関・廊下・水廻り等は固定壁となります。

スケルトンインフィル

スケルトン

柱・梁・床等の構造躯体

およそ3世代(75〜90年)という長期の使用期間を目指した造りとなっています。柱・梁・床等で支える革新的な構造を有し、構造の耐久性の追求がなされています。


ライフスタイルの変化に住まいが対応。様々なリデザインが可能。

新築する際に1階にリビング、寝室や子供部屋は2階に設計した場合を例に考えてみましょう。その数年後、お子様の独立や結婚、住み手の高齢化、また、2世帯での同居や孫の誕生などによって暮らしは変化していきます。そこで、居室の間取りを変更したり、広いリビングに再設計することで、住まいとのお付き合いもより長く、より快適になっていくはずです。人が住まいを選び、変えるのではなく、住まいが暮らしに合わせ変化する。SI住宅なら、高い柔軟性で対応することが可能です。

ライフスタイルの変化に住まいが対応。様々なリデザインが可能。

(注)

・壁は可動間仕切ではありません。

・壁配置を変更する際には、床・壁・天井等の工事が必要となり、これに伴う費用が発生します。

・本例は1例を示すものであり、間取変更の容易性は、実際の建物により異なります。

「いいだのいい家」は、株式会社飯田産業の登録商標です。
その他、本ホームページに記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。