いいだのいい家の注文住宅の構造と性能
  • I.D.S工法
  • 住宅性能表示制度
  • スケルトンインフィル

耐震等級3取得のI.D.S工法だから安心

いいだの「自由な」いい家は、安心の高耐久・高性能I.D.S工法住宅です。 徹底した工場生産(プレカット・パネル生産)に加えて、集成乾燥材や当社独自開発のオリジナル耐力壁パネル(大臣認定を受けた壁倍率5倍の外壁耐力パネルや3.7倍の内部耐力パネル)など、精度・品質のよい部材・設備や独自開発の24時間換気システム「エアリーンII」等の使用により、住宅性能表示において、高い評価を受けています。
I.D.S工法(SIスケルトンインフィル住宅)は、ライフステージの変化にフレキシブルに対応し、耐久性の高い構造とともに、間取の変更も容易に行うことが可能です。
耐震性能実験で実証

耐震性能

PHOTO耐力壁を偏りのないようにバランス良く配置、重さに耐える横架材を選択。さらに2階の床・屋根などを固定することで、高い耐震性を実現しました。

耐久性能

PHOTO強度の高い鉄筋コンクリート造りベタ基礎を標準とし、土台や軸組等各所に防湿・防腐・防蟻処理を施した劣化対策により、おおむね75年~90年、快適に暮すことができます。

断熱性能

PHOTO壁及び床下には、耐水性の高いポリスチレンフォーム断熱材を使用しました。また気密性の高いペアガラスを標準採用、よりいっそうの断熱効果を高めています。

耐風性能

PHOTOオリジナル金具により柱抜けを防ぎ、柱の接合部を強固に固定しました。台風などの強風に耐える、頑強な構造を確保しました。

環境性能

PHOTO特定建材は日本工業規格(JIS)、日本農林規格(JAS)のF☆☆☆☆の等級区分とし、“いいだのいい家”の標準仕様は、ホルムアルデヒドの発散量を少なく抑えた素材を採用しています。これによりシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドに発散量を最小限に抑えられるため、等級3の評価を受けることが可能です。

バリアフリー対策

PHOTO各所の広さ・幅員・配置・勾配・段差・動線など細部にわたり、住宅内移動の安全性や介助の容易性について、安心して暮らせるように設計されています。

詳しくは飯田産業WEBサイトへ
緑町モデルハウス完成見学会/お住まい計画相談会開催


ページ上部へ