いいだのいい家の注文住宅の構造と性能
  • I.D.S-V型工法
  • 住宅性能表示制度
  • スケルトンインフィル

間取り変更が自由自在!スケルトンインフィル住宅とは?

スケルトンとは、耐久性を高めた建物の構造体のこと。インフィルは、間取りや設備など内装を指します。

この両者を明確に分離すれば、ライフステージや生活スタイルの変化にインフィルの改造で対応できるため、スケルトン自体は長期的に有効活用することが可能になります。 。


ライフステージの変化に住まいが対応。さまざまなリデザインが可能です。

新築する際に1階にリビング、寝室や子供部屋は2階に設計した場合を例に考えてみましょう。その数年後、お子様の独立や結婚、住み手の高齢化、また、2世帯での同居や孫の誕生などによって暮らしは変化していきます。そこで、居室の間取りを変更したり、広いリビングに再設計することで、住まいとのお付き合いもより長く、より快適になっていくはずです。人が住まいを選び、変えるのではなく、住まいが暮らしに合わせ変化する。SI住宅なら、高い柔軟性で対応することが可能です。


【注】
・壁は可動間仕切ではありません。
・壁配置を変更する際には、床・壁・天井等の工事が必要となり、これに伴う費用が発生します。
・本例は1例を示すものであり、間取変更の容易性は、実際の建物により異なります。
緑町モデルハウス完成見学会/お住まい計画相談会開催


ページ上部へ